本文へスキップ

森林伐採・製材・住宅建築・土木工事は三又建設株式会社へ

電話でのお問い合わせは0182-32-4706

〒013-0041 秋田県横手市大沢字西野25 横手本店

よこての森を育む家real estate

地域を元気にする「地材地匠」の家

県産材100%住宅『よこての森を育む家』は国土交通省の地域型ブランド化事業に2年連続採択された地域材活用住宅です。農産物には地産地消という言葉が良く使われますが、住宅こそ地域の気候で育った木材を使い、地域を支えたきた職人による建築が地域の「森」と「人」を元気にします。

   


『よこての森を育む家』と一般住宅との違い

住宅を建築されるお客様は間取りや外観を重視される方がほとんどです。しかし住宅の命と言える構造にどこの国の材料がどのような形で使われているかを知られている方はほとんどおられません。
『よこての森を育む家』は、住宅の「骨」である構造材について秋田県南地域産100%の乾燥秋田スギ認証製品を使用し、4寸角以上の柱で雪に強い自由設計の木造住宅です。
下記のルールで建築された住宅が『よこての森を育む家』として認定され、最大180万円相当の助成が
受けられることとなります。

『よこての森を育む家』の認定ルール
@協議会の会員で施工された住宅であること
 施工担当会員:石沢工務店(山内)、大類工務店(増田)、小野寺建築(有)(平鹿)、
        (有)菊池建築(大森)、久米工務店(横手)、(有)黒沢工務店(横手)、
        建築業 篠木(横手)、(名)鈴木組(大雄)、(株)半田工務店(横手)、
        藤井建設(株)(横手)、藤井工務店(横手)、三又建設(株)(山内・横手)

A秋田県南地域産の乾燥秋田スギ認証製品が一定量以上使用されていること
・柱材は4寸角以上の乾燥秋田スギ認証製品(秋田県産100%、横手市産50%以上目標)を100%使用
・主要構造材に乾燥秋田スギ認証製品(秋田県産100%、横手市産50%以上目標)を50%以上使用
・下地材・造作材に乾燥秋田スギ認証製品(秋田県産100%、横手市産50%以上目標)を70%以上使用

B協議会事務局と建築確認事務局により認定され、平成26年3月末日までに着手した長期優良住宅

 ※参照:地域型住宅ブランド化事業実施支援室HP http://www.ippan-chiiki-brd.jp
    

新築で先着14戸限定! 最大180万円相当の助成金の内訳

@国土交通省:地域型住宅ブランド化事業『よこての森を育む家』
 地域型住宅ブランド化事業 100万円
 
A林野庁:木材利用ポイント(新築)
 新築木造住宅で秋田スギを4立米[m3]以上使用 30万円相当(30万ポイント)

B林野庁:木材利用ポイント(内外装木質化)
 内外装に秋田スギを9平米[m2]以上使用 2.1万~最高30万円(30万ポイント)

C秋田県:「秋田スギの家」普及促進事業
 スギ乾燥製品を住宅の構造材に概ね70%以上使用 20万円

最大合計180万円相当=100万+30万+30万+20


 ※参照:木材利用ポイントHP 
     秋田スギの家普及促進事業HP